Speaker Failure

phone-repair

iPhoneで「音が出ない・相手の声が聞こえない・相手に声が届かない」など似たような不具合ですが、故障部品は異なります。

スピーカーはイヤースピーカーとラウドスピーカーがあり、マイクも通話用マイクと広域用マイクが設置されていますので、症状によってどこの部品が故障しているのか判断することは可能です。

イヤースピーカーの場合

イヤースピーカーは、iPhoneディスプレイ上部のフロントカメラ・近接センサー付近のメッシュになっているところです。通話時に「相手の声が聞こえない、音が割れる・こもる」などのケースはイヤースピーカーが原因の可能性があります。イヤホンを差し込んで相手の声が聞こえる場合は、イヤースピーカーの故障が原因なので確認してみましょう!

ラウドスピーカーの場合

ラウドスピーカーは、Dockコネクタの右のメッシュになっているところです。iPhoneでサウンドや操作音などはスピーカーから聞こえるようになっていますので、「着信音が聞こえない・サウンドが鳴らない」などの不具合は、スピーカーの故障が原因の可能性があります。

通話用マイクの場合

通話用マイクは、Dockコネクタの左のメッシュになっているところです。「相手に声が届かない」場合は、通話用マイクの故障が考えられます。しかし、通話用マイクは、Dockコネクタと一体になっていますので、Dockコネクタを交換することで声をひろえるようになる場合もありますので、修理に出して問題がある部品を交換してもらいましょう!

広域用マイクの場合

広域用マイク(ノイズキャンセル用マイク)は、iPhone4s以前のものは本体上部、iPhone5以降はカメラ横にあります。広域用マイクは、周囲の音を集音し、周囲の音(広域用マイク)と使用者の声(通話用マイク)を別々に集音することで、通話時にクリアな音声で通話することができます。その広域用マイクが故障している場合、「ノイズが聞こえる・音声が悪い」などの不具合が起こる可能性があります。

「音が聞こえない・聞こえにくい」などの対処法

対処法をおこなう前に、まずiPhoneの状態を確認しましょう!

事前に確認すること

iPhoneの左側面にあるスイッチがオレンジか赤になっている状態だとサイレントモードになっていますので、マナーモードになっていないか確認しましょう!
音量レベルが最小になっていないか確認しましょう!音量レベルは、iPhoneの左側面の音量調節ボタンもしくはホーム画面から「設定」→「サウンド」で調節できます。
イヤホンは外して、動作確認を行ってください。
Bluetooth機器が接続されている状態だと、iPhone本体のスピーカーやマイクから通話ができないこともありますので、ホーム画面から「設定」→「Bluetooth」→オフになっているか確認してください。
iPhoneのケースをしている方は、ケースによってスピーカーが塞がれ音が聞こえにくい場合がありますので、一度ケースを外して確認しましょう!
対処法

電源を入れなおすことで、音が聞こえやすくなる場合もあります。
設定状態をリセットすることで、一時的な問題が改善される可能性もあります。
再起動しても無理な場合は、iPhoneを復元してみましょう!

音が聞こえないと大事な受信も聞こえなくなってしまいます。ご相談含めてお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから